新装版 事故 別冊黒い画集 (1) (文春文庫) 作者:松本 清張 文藝春秋 Amazon 表題作の方は2つの殺人事件を強引に結びつけるにはコレしかないな…と思った通りの展開だけど、1962年らしく、女性が稼ぐにはイカガワシイ商売や探偵の下請けやら大企業の重役のメ…

国道3号線: 抵抗の民衆史 作者:元斎, 森 共和国 Amazon 国道3号線沿いの鹿児島・熊本・福岡の三国志。どーも文章がイマイチ下手糞なんだがな。 山鹿コミューンはパリコミューンに匹敵する反乱だったらしい。 原田正純の話は面白い。 退職者同盟の中間市との…

戦時下の地下鉄 新橋駅幻のホームと帝都高速度交通営団 作者:枝久保 達也 青弓社 Amazon 結局、何がなんだかサッパリ解らず>私、アタマが悪いもんで。結論だけで良かったのになあ。 著者は82年生まれ! まあ、退屈な文章だったわさ。

朝鮮籍とは何か――トランスナショナルの視点から 作者:李 里花 明石書店 Amazon 朝鮮という国籍は、1960年代初めには、北朝鮮系を特定するためのメルクマールとされた。というのだけ分かったが、法律関係の話はつまらん。法学部とか行ける人はすごいね〜。少…

植民地教育とはなにか: 現代日本を問う 作者:通夫, 佐野 三一書房 Amazon ジンバブエの話はなかなかに新鮮だった。

ねこと国芳 作者:金子 信久 Pie International Amazon ネコに着目した素敵な浮世絵画集。エイゴ付き。国芳は確かにさまざまな動物を描いているが、ネコほど偏愛したものはなかろう。とはいえ、この画家に初めて注目したのは「みかけはこわいがとんだいいひと…

いやもう、ジェニーさんの歌は自己完結されてますよね。ジャズというよりはルーツミュージックそのもの。でも、物凄く抑制的でクール。オッサンたちの伴奏も余計な音を出さぬよう、ひたすら禁欲的(;・∀・) 何だよ、この太腿祭り、けしからんなぁ( *´艸`) も…

ヒューマン・コメディ (古典新訳文庫) 作者:サローヤン 光文社 Amazon いきなり蒸気機関車のホーボーたちとケンタッキーホームを歌う黒人。うーん。 さまざまな雑多な人たちとの底辺暮らし。 まだこんな善良な人々が、その国に残っているだろうか?

ここここ、これはトンデモすげぇ! アラインさんがいきなり安っぽいビニールプールを掻き混ぜながら歌い、70を遥かに超えたエルメートさんが何やらやらかしてる♬♫ これは婦唱夫随アヴァンギャルド>ホント服従したいっ(;´Д`) あー、ハープを愛人のように弄…

失われた川を歩く 東京「暗渠」散歩 改訂版 作者:本田 創 実業之日本社 Amazon 初台駅から代々木八幡駅に至る河骨川は面白そう。そして、その西側の初台川も。 いもり川は臨川小から広尾を抜けて青山通りに登ってみたい。その東の笄川は少し道が広そうだが、…

明日のルメール#551 阪神での菊花賞は42年ぶり>ハシハシ馬券(内藤繁T×シンザンCの親子丼)を枠連でとったのは覚えている(ってか、18頭の馬殆ど記憶にある)。競馬評論家がみんな私より年下になってしまい、こ奴らが何をほざこうが、ふふん♪としか思わ…

明日のルメール#550 秋のG1連続2着、牝馬三冠別の馬で全て2着(~_~;) うーんだなー。土曜日は2歳戦が楽しみだ。3000円 2R▲ コース替りだが、前走だけ走れればS鼓笛隊の時計が優秀で本命。前走、当該コースを逃げて2着のYピラウトゥルが対抗。我がS…

ババヤガの夜 作者:王谷晶 河出書房新社 Amazon ふーみゅ、かつてあまりないタイプのヒロインだなあ。 そもそも登場人物が全員、闇を抱えていて、すがすがしいくらいにぶっ壊れているのが( ・∀・)イイ!! ヒロインの母系は北方民族か そして、2つの逃亡人生! …

非国民文学論 作者:田中 綾 青弓社 Amazon ハンセン病の患者は人間ではなく生命そのものなのだと、北条民雄は書く。 明石海人の数奇な人生と短歌。癩は天刑である。 「笹まくら」は随分と手の込んだ小説なのだなあ。読むことはたぶんもうないと思うが。 全体…

これは器官を揺さぶられますわ。まだ20代の白人のクリス・ピチオコス君のサックスは縦横無尽というか獣王無人というか。めくるめくイメージのフルコース\(~o~)/ ウィゾルのドラムがまた絶妙の盛り上げっぷり。 うん、ハリソン・バンクヘッドなる人物を全く…

まち歩きが楽しくなる 水路上観察入門 作者:吉村 生,高山 英男 KADOKAWA Amazon 西小山のねじれ道路の痕跡、西台の白ヘビ公園は行ってみたい。 千川上水の水車は、製粉のほか、藍粉、線香、漢方薬、カレー粉などもひいていた由。 竪川の西半分だけが埋め立て…

小金井公園 平日なのに、子連れが多いこと。 コスモスって名前のわりに単純な花だなあ。

女の宿 (講談社文芸文庫) 作者:佐多稲子 講談社 Amazon どの短編をとっても、作者の小説家としての手管の深まりを示す。何だろう、コレは? 意匠を凝らし、ヴァラエティに富みながら、はずれのない凄さ。1960年前後は傑作が多かったのだな。2021年の現在でも…

・逆転世界ノ電池少女#1 近未来ディストピアアニメ。鬱陶しいので視聴終了。 ・闘神機ジーズフレーム#1 最初の3分でイヤんなった。視聴拒否。 ・Deep Insanity#1 何とか最後まで見たけど、サヴァゲ~ですかね。来週はもーいーか。視聴終了。 ・かぎな…

・Jコム が来るというので、午前中に人形町まで。 黄金芋屋さん。赤い窓枠が中華風。 とっくに営業をやめている明華園に居抜きで入った怪しげな日用雑貨の店も閉店。 これも前は何だったのか? こちらは現役の豆腐屋さん。 で、何故かJコムの出張者が来た…

明日のルメール#549 阪神ってフルゲート16頭なのね。雨は夜~早朝だけで意外と大したことはなさそう。2500円 3R〇 前走のタイムが優秀なグリーンBが順当に勝機をつかみそう。我がM団次郎は、シンザンの名門・谷川牧場の生産なのな。団次郎=帰マンとい…

明日のルメール#548 先週はようやく「らしさ」の片鱗を見せてもらった。いや、正確に言うと、録画不能のため、一部見ることができなかった。土曜の東京は18頭の競馬が多くて難解だわ。2100円 2R☆ 前走騎乗して人気を裏切った(奥村Tとは最近相性が悪いね…

キャンディ姐さん、カッコええ! ジャズというより、ファンク・ソウルやね(^^♪ サックスの音自体は、どす黒い情念型なんだけど、ポップにまとめてますな。歌声がまた、素晴らしい。そして、逞しい指!! トランペットの様々な音をひねり出す試み。自然音も機…

小田急沿線の近現代史 (CPCリブレ) 作者:永江雅和 クロスカルチャー出版 Amazon 小林一三が山梨生まれなのに阪急を育て、利光鶴松が大分生まれで五日市で民権運動に触れ小田急を創ったというのは面白い。聖セシリア学園は娘が開学か。 成城学園はかなり強引…

ある日の街(丘?)歩き#152 相変わらず、井の頭線から東横線への乗り換えはシンドイのぉ。初めて、みなとみらい線の元町・中華街まで逝ってみた。 この駅は深いなあ。そして、何とも無機質であります。5番出口を出て、フランス山へ。 震災と火事に弱い二…

・最果てのパラディン#1 なんだかもう、何番煎じだ。幼児に転生して、魔法を習得し、生きる意味を見出すお話。マリーが可愛いので視聴継続。 ・ルパン三世 PART6#0 まさかの新作か。時代は変わって、ドローン祭り。原作者も他界したことだし。初期からさ…

ある日の街歩き#151 昨日の地震の影響で大幅に朝からダイヤ乱れの模様。 10時過ぎに南千住到着。 コツ通りを歩いたけど、段々フツーの街になっていくようだ。何しろ南口みたいなオサレ空間を目指すんだろうし。 こちらの「ホテル」は1900円みたいです。 ま…

・古見さんは、コミュ症です。#1 フツーの学園ドラマか。古見さんがさして可愛くないな。筆談会話が延々と。声優さんもタイヘンだわ。まあ視聴終了でふ。 ・マブラヴ オルタネイティヴ#1 なんだこのネトウヨアニメ。当然ソッコーで視聴拒否。 ・旅するた…

明日のルメール#547 おいおいおい、帰宅したらBSが映らなくなってやがる。当然録画もできず、土曜の活躍が見れなかったじゃないか。Jコムのアホ!! 1800円 1R☆ 3戦連続で好走のLet's Live On は継続騎乗の杉原Jで勝ってもらおうじゃないの。ドレフ…

明日のルメール#546 先週は散々だった。東京盃も終わってるコパの馬に乗せられて徒労に(~_~;) 府中に替わって今週からがんばろうね。土曜は本命馬が揃って非常に楽しみ。ただし、ちょうどその日は「テレビ共用部設備改修工事に伴う断続的なサービス停止が9…