或る日の帰省#43

急行が6両編成になって、東海大学前までは学生様でいっぱいである。秦野辺りからの客は話し声がうるさい。

ダイソーで買った100均の除草剤を掛けてみたよ。

2時間余りの滞在、窓開け。

箱根登山の隣のビルが解体されている。

ロマンスカーにも客が増えているのお。

 

江戸東京の下町と考古学―地域考古学のすすめ

鳥居龍蔵へのリスペクト。

しかし、学術論文みたいな内容で、やっぱ雄山閣か。

伊勢物語更級日記旧東海道を通って下総へ。

「戸」地名は「津」由来で、水上交通の要衝。

江戸前島の存在感。

葛西新宿は戦国期に小田原北条氏によって築かれた。

鷹狩に使われたイヌの骨の切り傷は、鷹の餌として解体されたものらしい。

江戸庶民の「延気」に貢献した葛西の景観と観光。

日本渡航記―フレガート「パルラダ」号より (岩波文庫)

日本と中国はともに、宗教心よりも寧ろ倫理哲学精神が支配的で、宗教に対して全く無関心である。

カムチャツカの土人の少年はペトロパウロフスクの学校に入って水先案内や舵手の教育を受けている。

日本人は長崎を利用するという能力がないのだ。日本が中国や朝鮮を通じて、ヨーロッパやシベリアとことん通商路で結ばれる日を空想した。

日本人の動作は礼儀正しく、その応対は丁重である。ただ彼らを對手にしては仕事は出来ない。引きのばして、ちょろまかして、嘘をついて、その揚句が拒絶するのだ。

外国人は力づくで彼らの領土に闖入したばかりでなく、自分は勝手に彼等の田畑の中を歩き廻る癖に、主人たる中国人が道路上を通行するのを禁じた。

他の民族、特に支配下にある諸民族に対するイギリス人の態度は残酷というよりも、命令的で、粗暴で、冷たい軽蔑的なものであって、見ていても痛々しいものがある。中国人を食い物にして金を儲け、中国人を毒害し、その上自分の犠牲を軽蔑するのだ。

イギリス政府としてはインドにおける罌粟の栽培を禁止する権利はない、全く阿片の使用禁止を監視するのは中国政府の責任である。

この地では美はしき性と云うべきものは琉球男子であって、真っ黒に日焦けした琉球婦人ではない。

明日のルメール#643

いやもう、府中はエライことになってまふ。日曜は久々の休み。午前中から自宅で応援。2800円

3R〇 ここは前走ダートで一変のEggslutから入る。我がFlipperは前走登録だけで自重? 前走だけ走れば勝ち負けだろう。三番手以下は結構な混戦で人気薄へ。

枠連 15 55 馬連 10-15

4R◎ 我がRevoltadeは土曜のレースからこっちに回った。母は重賞3勝でオークス3着の名牝。エピファ産駒だし、大きいところを狙えると良いね。強敵はムーアJに乗り替わったSソニック。三番手以下は結構な混戦で人気薄へ、というのは3Rと同様。

馬単 2→(4,7,9)

6R▲ 我がAll My Daysはリアステ×シンクリでシーザリオの孫。兄の無念を晴らせるかな? Galestroは母系にWチケットとTボーイ>うーん、懐メロだ。Crescendoも四代母がRコスマーとは懐かしや。一方、Stella del Cieloは今年のオークス馬の弟。Tastieraは初戦から走りそう。La Reine des Lysも近親にリスグラがいる。ほぼこの5頭の争いか。勢いをかって、Stella del Cieloから逝ってみるか。

枠連 15 馬連 1-(5,12)

8R▲ ここはかなり難解なレース。前走ОPで2着のLスパイラルから入ってみた。前走新馬圧勝のHip Hop Soulが対抗。我がRロスタムは前走逃げて新馬勝ちだが、おそらく今回は控えるんだろうな。ここを勝てるようなら、兄弟で一番出世しそう。Eハピネス、Cross License、Noisy Approachも逆転がありそうだ。

枠連 77 馬連8-(4,5,6,10)

9R▲ ハンデ戦と云っても上下2kしかない。一応、前走重賞で4着のJブロッサムを軸にした。こちらも春にリステッドの3着があるMクリソーラが相手。我がSpider Goldは左回りに変わって連勝中。ここは試金石となりそうだ。しかしまあ、ここへ来てダメジャ産駒の復活があろうとは。Achernar StarとYガラッシアも上位に来そうだ。

枠連 55 57 馬連 5-8

10R☆ ここは前走当該コースで連対のDビスケスがムーアJを起用で中心となる。相手は同じく当該コースで3着のTエスコート。このクラスで差のない競馬をしているSアポロンとジリ脚がマーカンドJに合いそうなHighest Point、逃げが不気味なRエランドールも食い込みがありそうだ。我がRickey Magicは3歳牝馬で、この相手では分が悪いと思うが、2勝目のタイムは優秀なんだよねー。

馬連 5-(2,8,11,16)

11R〇 未だ1勝馬だが、東京コースが相性良さげなBejartを本命にしてみた。我がBattle Bornは未だ底を見せていない。タイム的には相当詰める必要があるが、シルステの代表産駒と云われるようになれば良いね。東京コースが初めてのReframingもこのクラスをいつでも勝てる力はある。Grand Officierも3走前だけ走れれば食い込みも。

枠連 55 馬連 10-(3,16)

12R 我がonestoはイタリア語なのね。HonestyといえばBilly Joelの名曲が浮かぶ。Honesty is such a lonely word♪ アーバンシーの3×3なのか。1993年の凱旋門賞を勝って、JCにやってきたのは覚えている。鞍上のイヴ・サンマルタンはフランスの至宝と呼ばれてた。また、シャペTは1987年の優勝馬Le GlorieuxのコレTで助手を務めていたという因縁もある。以下妄想。

で、第一回からJCを予想して見ている私からすれば、二ホンの馬はぶった切りたいところだ。少なくとも堀と藤原の馬は無印にしようと思う。二ホンの馬で買いたいのはTロイヤルとVela Azulの2頭だけだわ。

だってさあ、普段58とか59kを背負わされた馬にとって55kとか美味しすぎるやろ。だから当然のように1枠から入りますよ。

ってか、ホントは枠連11しか買いたくないんだけど!!

枠連 11 14 三連複 (1-2)ー(6,13)

ある日のポタリング#35

朝の歯科がモラトリアムに終わったので、午後から自転車に乗る。堀合公園の紅葉が美しいので、そうだ神代植物公園に向かってみよう。

実は真っ当に入るのは超久々で2回目。何しろシニア料金で半額のハズだと思ったのだが、年齢確認もなく自己申告。

何といってもここの売りはバラ園。面積的には大した比率は占めてないが、動物園のライオンやパンダの如き存在なり。

まー、しかし、バラというものは欧米ソノモノなわけで、ロサなんたらとか、何やらマリア様がみてる状態だわさ。美人は3日で飽きると言われるが、お腹いっぱい状態でありまふ。
一方、大温室はなかなか見ごたえあり。やや狭く感じるのが難だが。オニバスとか。

食虫植物とか。

睡蓮とか。

ひときわ鮮やかなベゴニアとか。

妖艶なブーゲンビレアとか。

ユーモラスなサボテンとか、小笠原やチリの展示もあって興味深い。

カエデ園の見事な配色>スマホでは表現できぬ。

神代小橋を渡って梅は準備中、椿は蕾が随分と膨らんでいる。そして、サルスベリがこんなに綺麗に染まるなんて知らなかった。

築山前の池もイイ感じ。

彫刻が花を添えているのは、もっとアピールした方が良さげ。

フツーにゴミ箱もあったし、ベンチも多くて、次は深大寺門から這入ってやろうかなと思ったのだ。







 

 

明日のルメール#642

あーあ、もう何だか蚊帳の外感。今日は最終Rだけ頑張ればいいよ。

おまけに予想も、土曜日-1700円、日曜日-2000円で片目も開けられず(;´д`) 3100円

2R▲ ここはかなりのハイレヴェル。日本の中堅騎手が有力馬に乗って、外国人が穴馬に乗るというのも面白い。連続2着のAロクザンが一応の中心。同じく3連続2着のNピウモッソが相手。8年ぶりに日本で乗るギュイヨンJのGustarを三番手に抜擢。我がCielo Estivoは急遽の出走。距離短縮がどう出るか? 大穴でLove SlenderとPink Jinを挙げておく。

枠連 18 88 馬連 16-(10,12,15)

5R〇 ここは結構手薄なメンバー。しかし、何といっても18頭立てはコワイ。敢えてサトダイ産駒で母父が希少なLゲレイロ、四代母にアラホウトクがいるというSハロームを本命にしてみた。我がBlack Pointは祖母がハッピーパス。姉は新馬勝ち後、イマイチだが、とにかく新馬の走り方には注目したい。両外国人Jの乗るMansurとLabelingが単穴候補。

単勝 ⑩ 馬連 10-(8,13,17)

7R▲ いやいや、これは難しい。一応、3歳馬中心で、両キンカメ産駒のうち、Struve本命、Goshenite対抗とした。5歳とはいえ、未だ10戦のキャリアのNo Excuseは距離延長が面白そう。我がFor Goodは1億超えの馬だが、勝つのに10戦を要した。昇級戦で意外にも初騎乗。未勝利戦とはいえ、東京コースは4戦すべて馬券内というのは強み。

馬連 4-(3,5,6,7)

8R☆ ここは連闘・ドイルJへの乗り替わりの意欲をかってBal Musetteから入る。このクラスで戦績安定のAragoniteと、前々走だけ走ればTドミニオンが相手。我がBasmatiは前走昇級戦で惨敗。3歳牝馬で小柄だし、2勝クラスでは、まだまだ揉まれないと苦しいかな?

枠連 66 馬連 12-13

9R〇 ここはドレフォン産駒で祖母がFパンドラというContinuarから素直に入る。名前はコンティヌアールと読むべきじゃ?? 芝でもイケそうなんだが、巨漢馬だし、暫くはダートで上を目指す。我がIl Divinoはキンシャサ×タニギム×バブルという異色の血統。意外と芝でもイケそうな気がするんだが、左回り巧者という陣営の言葉に乗せられて対抗。Plavi、Young World、Jasri、Mirror of Mindも差はなく食い込み十分。

馬連 9-(2,3,4,6,7)

10R△ 当該コースで4戦すべて馬券内のExultがやや格上の存在。昇級戦のWalzer Schallも3歳馬で逆転も。Clean Slate、Reves Lien、Lシュトロームが同格の三番手だが、大穴は初ダートのSchwarz Kaiserではなかろうか? 我がNプランタンは阪神からの連闘>何故、こんな使われ方??

枠連 78 馬連 11-(4,6,7)

11R☆ 重賞でもないのに、頭数が揃ったなあ。現在の充実ぶりからLクリスティーヌを軸にした。NHKマイルでさほど差のないレースをしUKを転戦してきたKing Hermesは3歳とはいえ、格上の存在とみて対抗。過去の実績から、Gratias、Darlington Hall、Time to Heavenの3頭は侮れず。我がCommand Lineはすっかり期待外れの1年だった。ダートを使ってみたりと迷走が続く。ここはまあ、きっかけがつかめれば良いのだが。

単勝 ④ 枠連 22 28 馬連 4-5

12R◎ 我がRグラシアは二度騎乗して未勝利。昇級戦でどうかだが、東京マイルは合いそうで本命。3走前に当該コースで2着のОロマンス、前々走当該コースで3着のNスーベニアが相手だが、やはりGuevaraの食い込みには注意したい。

馬単 3→(2,5,7)