東京の古墳を歩く<ヴィジュアル版>(祥伝社新書222)
 

 上野や芝公園も古墳だったのか。

最近、散歩が古墳づいてるので、非常に勉強になる。

ほー、十条富士塚は、道路整備のため、整備中なのかよ。

ま、立石はいずれもう1回行かないと。そして、毛長川沿いってのも面白そう。

 うーん、使主と小杵の争いって闇の中なのかしら? いずれにせよ、多摩川沿いの首長からさきたま方面へと権力が移っていったのは確実な気もする。

狛江喜多見辺りも穿ればいろいろありそう。

府中の上円下方墳も訪ねる価値はありげ。

秋川の古墳は渡来人系なのか?

百草の稲荷塚古墳が、近畿のものに先駆けてるとしたら画期的かも。さきたまはほぼそんな感じなのかあ。

 

 

ある日の街歩き#141

あさいちで歯医者の定期メンテナンス。おー、珍しく褒められたゾ。

何も考えずに赤坂図書館へ。おっと、少し前まで雨が降っていた模様。殆ど降られずに通過。なんか、港区の平和事業みたいなんをやってた。

f:id:nogawasunam:20210730182447j:plain

風物詩でいーんかしらん?

f:id:nogawasunam:20210730184156j:plain

南北線駒込駅上にて。たぶん有名な花なんだろうけど、何だか知らね。

f:id:nogawasunam:20210730184253j:plain

エネルギースーパーたじまでチャーハンを買って、もうすっかり馴染みの染井銀座から、桜の里公園でランチ。

f:id:nogawasunam:20210730184838j:plain

ここも通り雨があった模様で地面が泥まみれである。さすがにコレが百日紅であることは判る。

f:id:nogawasunam:20210730184749j:plain

染井通りを南東へ下ってみる。

f:id:nogawasunam:20210730184902j:plain

f:id:nogawasunam:20210730184917j:plain

いやもう何の変哲もないことは云うまでもないが、マンション街の中にあって、むしろ誇ってもよいのでゎ?

f:id:nogawasunam:20210730184932j:plain

すると、三多摩あたりにありがちな「みんなの庭」なる物件も。そして、それこそ三多摩御用達のゴルフ練習場なるものが現役で。

f:id:nogawasunam:20210730185223j:plain

染井橋から見る下界のレール。まあ、染井霊園からの一直線の道が六義園に通じているんだろう。ところで、芥川チョコレートってのはスゴイね。創業120年以上なのかよ( ̄▽ ̄;)

もう今日は眠いし、いつ雷雨が来るかわからんので、帰宅いたしますた。

明日のルメール#526

日曜は、川田、戸崎、和田、三浦なんてジョッキーが参戦で、函館とは思えんな(;´Д`) しかし、乗鞍は意外と多くて、今日も働かされんのね。それにしても、新潟5・6R新馬戦が福永×藤原英でともに1人気ってエグイなあ。2600円

3R△ 団野Jが7回連続騎乗となるMシンウチを軸に期待した。10戦して4回馬券内に来ている as you feelが相手筆頭。前走がフロックでなければAdam Smiley、調子を取り戻せればLa Vientoの2頭が単穴。我がHハルクは初戦惨敗。中2週で一変があるとも思えないのだがなー(~_~;)

枠連 38 馬連 16-(3,13,14)

4R〇 これで6戦目だが全て鞍上が異なるFantasy Lightsはダートなら軸。我がSダイナミックの前走の大敗は久々が原因なのか、函館が合わなかったのか、鞍上が下手こいたんか、ここですべてがわかります。ここ2戦逃げて好走のMコトダマが単穴。

枠連 57 馬連 11-(9,13)

5R 僅か5頭立て。rondはサンデーの3×4で、名前はアレだが、ここは相当に期待できるとみた。Shaman's Caveの兄は2歳から活躍した馬で、アナマリーの血統で面白い。我がJustin SkyはKブラックの初仔らしい。馬主は靴小売業のヒトか。もしかして、母のRealisatriceに騎乗した経験あり? Hブリッツは母系が豪華だが、初戦向きとはいえず、父モーリスでは好走も突き抜けるまでは? Lemon Cakeは意外性がありそうだが、ダート向きかも? 

馬単 5→(1,3,4)

6R◎ 我がArc Lightは遂に6戦未勝利で1200mに距離短縮。まあ、名前からして大成はしないだろうと思ってたけど、ここまで決めて不足とは思わなんだ。何しろ一番負けたレースでも0.5差だしなあ。有力馬に差し馬が多いし、軸という意味での本命。相手は前走穴をあけたNワクテカ。洋芝が合うということか? 1200mなら力を発揮するSuave Ariaも注目したい。

枠連 67 馬連 11-(6,10)

8R◎ 何と連闘馬が4頭か! 我がSロワはもうシンクリ×Mスキー×セダンというタフな母系に気の良いダメジャを組み合わせることでダートの中長距離に特化したのかも? ま、今回チト距離は短いかも?だけど、克服できれば将来、地方重賞でも活躍するかしら。前走このコースで完勝したBasileusが強敵。同じ3歳のSヨモギネスが三番手。

三連複 (2-5)-(1,3,9)

9R◎ 我がKnock on Wood は前走距離短縮で持ち味を発揮。確勝かと云われるとわからんけど、よほど乱ペースにならない限りは好戦必至。T大ジョッキの差し脚が脅威。新馬でこのコース2着があるQueen's Moonも当然争覇圏の一頭。

馬連 10-(2,7,12)

11R〇 今年は4歳馬と5歳馬のみか。人気馬が実力を発揮すれば荒れることはなさそう。桜花賞以外はすべて善戦のMagic Castleの力量が一枚上。国枝Tの馬が2頭いるのに、なぜか和田郎TのTerzettoに騎乗。前走初のG1で大敗だけど、能力はまだまだ上を目指せそう。追い込み馬なのは不安だけど。

三連複 (6-9)-(3,5,12)

 12R▲ ここは底を見せていない3歳馬Polestarから入ってみたい。相手も昇級戦のSシールズ。我がLondonderry Airは1年ぶりの騎乗。北海道のダートは合ってそうだし、竜飛岬がアイルランドとUKを結んでるんなら縁のある特別ということにもなるわさ。

単勝 ⑨ 馬連 9-(1,2,14)

明日のルメール#525

先週骨休めだったのに、意外と今週は人気になりそうな乗り馬が多いなあ。そもそも函館はそんなに相性良くないけど、休みぼけとか言われたくはないよねー。土曜は意外とビミョーな馬が多いけど、6Rは勝ちたいなあ。2600円

2R▲ 当該コースの単勝回収率が抜群な横山和Jに乗り替わったLady Victoria本命。前走当該コースで一変の金子馬Average Markが対抗。あとは4頭が横一線で単穴候補。我がIshtarは名前負け?でなきゃいいけど、3歳のこの時期にデビューかよ。アメファラ×ガリレオ×Sキャット×ミスプロ×ヘイローという超良血だが、さーてどーなるか?

三連複 (1-13)-(3,4,10,11)

3R☆ かなり低レベルな一戦。当該コースで実績のあるSpecialityが一歩リードで軸。馬券的に、Crazy Rich、Sun Lansing、レイワPあたりに抜ければ面白いか? 我が el sol はなんと永島Jからの手がわり。下手な競馬はできないが、前走は2着とはいえ、勝ち馬とは1秒近い差があったし、減量に恵まれたのも確か。さてはて、いいところを見せられるかしらん?

馬連 7-(1,2,4)

5R〇 Solid Growは2歳重賞を勝った兄を超えられるか? やはりここは本命で良さげ。我がoccidentalはミスプロの4本持ちだし、スピードはありそうだが、ダート向きかもしれない。馬主も年間数勝だし、ハマれば良いけどね。Grand Pas de Chatは大物感はないが、初戦から動けそう。Leesan Carreraは父父ダメジャのカレンブラックヒル産駒で母系にもミスプロエーピーインディがいて、短距離は得意そうだが、初戦向きとは言えない。神超えは今や貴重なプリンスリーギフトの血を受け継ぐが、これも初戦は疑問符。Celebは母父バチアーからやはりダート向きだと思える。Buena Diosaは兄姉を見ても父Mボーラーからもダート向きだろう。Pガルボは姉たちを見てもネタ馬だわなー。Violento Azulは芝の1200mは短すぎると見る。

馬連 8-(1,3,4,5)

6R◎ 我がHラフィットは2億円近くもしたのに未だ未勝利。2つ上の兄も先週久々の勝利をあげたし、ここはカリーナの勢いに乗りたい。相手は意外と混戦。人気のないStrudelとGrue Reveの巻き返しに期待してみた。

枠連 37 馬単 3→(5,7,9)

9R☆ 春は青葉賞にも出走したMディオは、おぉ何と懐かしい毛利オーナーの馬か。ここを勝って菊路線に向かってほしいね。1勝クラスとはいえ、この距離だと経験がものをいう。4歳馬3頭を相手にしてみた。Dラッキーガイはこのクラスでは6戦して全て掲示板で対抗に抜擢。WローズブーケとDセレスタが三番手。我がAl Barshaはゴドルフィンの馬だし、初騎乗だが気合が入る。とはいえ、9戦して1勝の馬だし、何かが足りないのかもねー? 2ハロンの距離延長も疑問。

単勝 ⑪ 馬連 11-(9,10,14)

10R▲ ここは泉谷Jと相性の良いMハボタンが昇級戦でも突破するとみた。Mサムソン産駒ってのもイイよね。強敵はフランケル産駒のMon Favoriで、ここが8戦目というフレッシュさである。Ряснаは5歳馬ながら未だ12戦のキャリアで食い込めそう。我がHoly Lineには昨年夏に北海道で4回乗って(0,1,3,0)と勝てず。さすがに5歳で26戦もしているし、上がり目は?? ただ、洋芝が合うのは間違いなさそうで四番手には期待しとく。

馬連 9-13 三連複 (7-13)-(9,11)

11R▲ G3で6着に負けた以外はすべて掲示板のSトゥジュールはとにかく堅実で、ここも中心。一方のRuby Casablancaもまたリステッドで8着に負けた以外はすべて掲示板という怖ろしさ。ほぼこの2頭で決まりだと思うのだがなー。我がHゲッコウは2年前には騎乗した阿寒湖特別を完勝して菊に向かったのに、それからは鳴かず飛ばす。まーとにかく順調に使えないのはツライよねー。当然割って入る能力は認めつつ、今回は前向きの内容ならばОKってことなんじゃね??

馬連 10-16 三連複 (10-16)-(5,7,15)

 

 

 

我輩はカモである [DVD]

我輩はカモである [DVD]

  • 発売日: 2011/09/02
  • メディア: DVD
 

 うーん、何が面白いのか全然わからない。

時々、ミュージカルになったりオペレッタになったり、戦争ゴッコになったり、ドタバタになったり、そんで??

快楽としての動物保護 『シートン動物記』から『ザ・コーヴ』へ (講談社選書メチエ)

シートンは科学的記述と距離をとり、物語という形式を意図的に選びとった。

シートンが発見したように、動物が経験や学習を通じて行動を形成するなら、本能という自律的な自然という神話は崩壊してしまう。

シートンは、人間にはない感性を物語を通じて疑似体験的に提供するなかで、動物の視点から世界を捉えようとした。

スポーツマンハンターを自称する白人エリートの多くは、銃をカメラに持ち替え、北米の原野へ分けいった。

ナチュラルジオグラフィック誌は、拡張と征服という帝国主義の欲求を満たすものとして機能した。

星野道夫は、狩猟民の世界に欧米のエコの価値観を安易に当てはめることの無意味さを狩猟民たちとの直接の関わりを通して直感していた。

歯クジラのうち、小型のものをイルカと呼ぶ。しかし、怪物としてのクジラがスーパーホエール化したのに対し、イルカは知的で可愛いドルフィンカルトが席巻した。

動物を保護する行為は、既存の階級構造を強化し、安定化させる思想的装置としても機能していた。

スポーツ・ハンティングのような娯楽や経験を目的とする狩猟の方が「食べる」ことを目的とする狩猟より上位であり高度である、というイデオロギー

 

 

 

対訳 ペレアスとメリザンド (岩波文庫)

ありゃりゃ、ホントに対訳だったわ。

洞窟には乞食が居て、一揆の可能性がある情勢なのだな。地下からの悪臭は、王政腐敗の象徴か?

 Tu es ma prisoniere cette nuit;toute la nuit なんてセリフ云ってみたかったわさ。

白眉なのは、メリザンドが窓から長い髪を一挙に乱落し、ペレアスがキスしまくるシーンだねー。

メロドラマの果てに、悲劇が待っておりました。

でも、メリザンドって結局妖精さんなのかしらねぇ?? 基本、世間知がゼロっぽいし。