明日のルメール#505

ふみゅー、今日は一日仕事だ。8時前まで帰宅できぬ。なんと、午前中はお休みですか、珍しいな。

5R☆ 1勝クラスとはいえ、かなり骨っぽい面子。しかし、実はこのクラスで連対してるのはJカフェだけ。そんな理由で本命にしてみた。3戦連続で重賞挑戦のPlatina Treasureが対抗。North the WorldとClontarfが同格の三番手。我がVanishing Pointは初戦逃げ切り圧勝から、どこまで行くかと思いきや、その後は目を覆うような大敗続き。初マイルで何かつかめないものかしら?

7R◎ いやはや酷いメンバーだわ。我がBlessing Rainは3つダートを使ったが、結局芝に復帰。でもなー、この仔のオーラ、伸び悩み感が半端ないんだわー。とにかくきっかけさえ掴めれば…という願望の本命。相手? 自分自身だわよ。

8R◎ 東京のマイルにしては随分と少頭数。我がAクレアトールは何しろ超堅実なタイプ。昇級戦の前走もあわやの競馬だし、勝ち上がりのチャンスではあるだろうが、何かに負けそーな気も(;´・ω・)という意味での軸。昇級戦のCクラシカがやはり怖い。このクラスに慣れてきたSヒデキラが三番手。

9R◎ 我がGold Bergはまだ5戦のキャリア。このクラスで2戦して足踏みだが、初騎乗となる、ここは突破してほしい! 少し時計がかかりそーなのもプラス。ともに、ここが20戦目となる greatest とFTイーリスが対抗馬。

10R▲ ОPで好走歴のある馬から入りたい。総合力でIrish sense を本命とした。見習い期間という名前がイヤだがProbatioが対抗。我がLa Perouseは、まさかのペルーサ産駒なわけで、既に去勢済。初の57kで順当に惨敗しそーな気がしないでもないんだが、さてはてどーなりますことやら?? ハッとして!Goodとか赤いスイートピーとか、アイドル歌謡路線のネタ馬かも? まとめて負かせば初ダートのAファラオ産駒Reframeで、その名の通り「新しいフレーム」になるか?

11R◎ 18頭中ディープ産駒が過半数。こりゃあ来年以降どうなるんだろ? 我が gran alegria  はまず前走の反動が不安。そして、5歳春というの衰え始める年齢ではある。次はおそらく安田記念だろうし、今年1年は頑張ってもらいたいので、このメンバーで負けてほしくない。杞憂であってくれれば良いのだが…。予想はツマラナイので見守るレース。

12R 我がImeruは前走に引き続いての騎乗。もう22戦目だし、ソコソコ頑張ればいーんじゃね?? →自重みたい。

明日のルメール#504

先週は目先の勝利にもG1にも70勝にも手が届いた。1400勝も目前だ。今週も天候が微妙だが、得意の東京で暴れたい。2800円

1R☆ ここは新人騎手の乗るBoléroに期待。前回当該コースで大幅な変わり身を見せたSweet Filが脅威。Tマイトコーズは中山で好走してきたが、東京は果たしてどうか? 我がLittle Capriceは名前通り、1800,1200と来て、今回が1400m。東京は合いそうなんだが、小柄な馬体だけにパサパサのダートは厳しそう。小さな気紛れが良い方に出ればいーね。

枠連 12 馬連 2-12 馬単 2→14

2R〇 惜敗続きのRonconeは鞍上強化で勝負気配。ここは人気でも本命。我がJゼロは4戦連続のダートの東京マイル。しかし、だんだん成績が下がっての乗り替わりだけに、半信半疑か? 出遅れ癖が問題だが、戦績からはやや湿ったダートで先行力を生かした方が良さげだな。run-throughと忍者ゴーが同格の三番手。

枠連 56 馬連 7-11

3R☆ ここは北村宏Jが5戦連続騎乗のMonte(何かと思えば山のことかよ)から入ってみたい。地力安定のTapitailが相手。忘れた頃に突っ込んでくるKルーイと鞍上強化のWラザンツが単穴。我がLambo Boyは一息入ったが、ここも豪州産馬なので2K貰いなのか? 成長が追い付いて入れば食い込みもあるか。

馬連 5-(2,10,11)

4R◎ 我がArc Lightは5戦して惜敗続き。モーリス産駒ならともかく、ディープ産駒なのよねー(-_-;) ここでダメなら、500k超えの馬だし、もういっそ、ダートにでも転向してみたら? とフツーに思うわ。でも、惨敗はしてないし、一応の軸。三浦Jに乗り替わったSルグランが対抗。松山Jに戻ったAthelstanと、噂の?岩田父Jに乗り替わったDe Klerkが単穴。La Cressonniereの妹はさすがに初戦は厳しいか?

枠連 13 17 馬連 2-(9,16)

7R◎ なんと8頭立て。しかも半数が未勝利馬。我がEcrin d'OrはFierementの妹。兄と違って中距離馬だろうが、久々のここを圧勝するようなら、夏の成長を含めて秋が大いに楽しみになる。現状、名前負けしている天下春と、前走勝たせたForte dei Marmiが相手で、三頭で直線の追い比べが見られるか?

三連単 6→(5⇔8)

9R◎ 我がAstro Breakはこのクラスにも慣れてきて逃げる必要はなくなったみたい。とにかく東京コースに適性があることは間違いなく、本命視。11戦して殆どが好走のSワールドが強敵。Mプリンスは57kが、富士の高嶺は東京コースがそれぞれネック。

馬連 7-15 馬単 7→(5,6)

10R▲ 11頭中7頭が関西馬。名前が可憐なLily Pure Heartから行ってみたい。東京は4戦3連対だ。相手も藤原英TのCantorで親子丼狙い。我がSラディウスは、かなり気紛れなタイプ。前走好走したからといって、楽観は禁物か。Kバルカン、Segen、アイアンBとともに三番手評価。

三連複 (3-10)-(1,4,5,9)

11R☆ 訳の分からん面子。前走条件戦を圧勝のEngraverで穴狙い。短距離巧者の中内田Tだしな。迷走の挙句得意な条件に戻ってきたGroove Itも逆転十分。既に23戦目だが、Mブリランテの食い込みにも注意したい。我がTビジョンは2年半ぶりの騎乗。今後、G1はともかく、重賞なら十分楽しめそう。今回は少し間隔があいて、どんなものか?

単勝 ⑬ 馬連 13-(3,11)

12R◎ 我がWindjammerはとにかくダートに転向してから7戦連続の連対。なんとなく、この辺で危ない感じはあるけど、今のところ、スピルバーグの代表産駒ではあるわけで、ここは一応のカッコをつける感じかなー? という軸。Tビルダーは地力十分なのだが、距離の選択が滅茶苦茶やなー。永野Jに乗り替わったS豪傑、距離延長に活路を求めるAスマート、Gボス✖Aデジタルという渋い血統のMピンポン辺りにも注目。

馬連 5-(3,4,8,9)

 

 

紫外線の社会史――見えざる光が照らす日本 (岩波新書)
 

 かつては、くる病予防や結核治療のための紫外線というプラス面だけが、現在は、日焼け老化といったマイナス面だけが強調される。同様なのは、ラジウムもまた同じ。

家畜に紫外線注射、照射。肝油とビタミンD強化牛乳。

果てはヌーディズム! 日焼けイズビューティホーの時代。

僅か100年ほど前の世界で、かなりな時代の差異を感じさせるのに、こと人種と肌の色については、未だに偏見が根深い。

図12の裸の少女がゴーグル装着で太陽灯療法ってのも凄すぎだわ。

 

 

 

 

 

 

若冲 (河出文庫)

若冲 (河出文庫)

 

 澁澤によれば、装飾主義的マニエリスムが、日本芸術を貫いているのだそうな。で、光琳クリムトなのだと。

種村によれば、中心の衰滅が幼児性的コレクターを輩出したのだと。汎性愛的表現なのだと。多への偏愛は群衆の発見であると。

安岡曰く、ルドンと若冲は逆方向から出発して同じ地点に交差しながら到達したのだと。

で、坂崎によれば、若冲は先行したシュルレアリストらしい。共感と憐れみが日本の画家の美徳であって、客観的にも主観的にもなりきれぬのだと。

 

 

 

 

そもそも臨海部には全く興味なし。

深川も祭りが無ければいいところなんだけどねー。

とにかく、五輪中止とコロナ禍によるテレワークなどで、開発が大幅に後退するんだろうな

ある日の街歩き#127

今日も洗濯やら掃除やらをしてから、10時前に出かける。うーん、暑いね。

取り敢えず、水天宮前で降りて、今日も迷いながら日本橋図書館のブックPにたどり着く。しかし、バッテリーチャージャーをまたしても忘れてしまう。痛恨(;゚Д゚)

さて今日は何処へ行こうかしら…と思いながら、都営浅草線に乗る。ん、取り敢えず宿題だった蔵前で降りてウロウロ。

f:id:nogawasunam:20210510173953j:plain

さすがに蔵前は面白いなあ。なんだかんだ言ってこんな木造モルタルの住居が結構遺っているのだよ。

f:id:nogawasunam:20210510174207j:plain

すっかりビオトープ化している精華公園。向かいはやたらとゴージャスな蔵前小学校様。

とはいえ、そこはやはり蔵前。少し前まで、この辺は日暮里と並んで、おもちゃの問屋街であったのだ。

f:id:nogawasunam:20210510180917j:plain

f:id:nogawasunam:20210510181033j:plain

結構広い倉庫を所持している家も多い。

f:id:nogawasunam:20210510181100j:plain

三筋の戦争遺跡電柱。ホンモノよりもあっち側の建物が放射線に晒されてるみたいなのが…。

そーいや、台東区中央図書館って、かつては三筋2丁目にあったのだった。むろん、何度か来たことはある。クソぼろくて狭かったなーー。そーいや、鳥越神社も近いのだな。強気に6月のうんちゃらが開催するらしきポスターがそこらじゅうに貼ってあったが、ホントどーでもいい。

f:id:nogawasunam:20210510181846j:plain

いや、ほんと、この辺はすべて灰燼に帰したはずだから、辺りの建造物は旧く見えても76年を超えてるはずがないのである。

f:id:nogawasunam:20210510182029j:plain

f:id:nogawasunam:20210510182046j:plain

でも、この「美錠」って何? ひょっとしてSMとかに使えんの??

f:id:nogawasunam:20210510182151j:plain

路地に這入ると、こんな崩れそうな家の横に鳥居。後ろからやってきたジジイが拝んでいたのがスンゴイ。

f:id:nogawasunam:20210510182326j:plain

んで、コレはナニ??

そんなわけで、都営から京成に乗り換えて、一気に葛飾区へ。

うん、四ツ木駅で降りたのは初めて。といっても、東京図書館巡りをしていた頃に四ツ木地区図書館には浅草からバスで行ったことはある。聞きしに勝るキャプテン翼推しがすげーわ。何となく商店街に這入りましたとさ。

f:id:nogawasunam:20210510182421j:plain

いかにも、鉢植え、よく分からん看板、物干し。ってか、この辺は妙にクリーニング店が多いと感じる。白髭神社を素通りし、グリーンマートなる初めてのスーパーで買い物。うーん、アルコールの価格が高めだねえ。

f:id:nogawasunam:20210510183219j:plain

この辺は殆ど町工場と倉庫ばかりなのだが、こんなひょうたんマニアの家もありましたとさ。

f:id:nogawasunam:20210510184122j:plain

で、まあ、忍橋交差点の七差路(五差路)。といっても、この辺は、こんなんばっか。斜めの道がやたらと多くて、緊張を強いられる。うん、用水路が引かれた痕跡ではある。

f:id:nogawasunam:20210510185015j:plain

板塀のある家。母屋は洋風。

f:id:nogawasunam:20210510185158j:plain

渋江公園で一休み。ふーん、セルロイドというのは地場産業だったんだな。ホントに燃えやすかったイメージ。

f:id:nogawasunam:20210510185908j:plain

んで、この渋江公園でランチ。そんなロケーションだから、京成バスが斜めに横切っていくのが面白い。

f:id:nogawasunam:20210510190217j:plain

んで、近くで、こんな家屋を見つけた。

勝手知ったる奥戸街道を辿り、銀行や百均に寄る。もう、ホント住んでるみたいや。

f:id:nogawasunam:20210510190608j:plain

奥戸橋から左に降りて、川沿いの遊歩道に這入る。

f:id:nogawasunam:20210510190815j:plain

途中から絶賛工事中なので、立石様へ。

f:id:nogawasunam:20210510190928j:plain

こんだけ、子供が群れていれば立石様もご満悦かな。

f:id:nogawasunam:20210510191030j:plain

古代東海道だから、江戸なんてスルーしてんのがいいよね。とはいえ、勃起してもメリメリ沈んでくんだから、切ないか?!

f:id:nogawasunam:20210510192252j:plain

f:id:nogawasunam:20210510192354j:plain

青戸1丁目の扉を閉ざしている民家。主はなくても花は咲くということか。うちの実家なんぞ咲いてねーけど。

f:id:nogawasunam:20210510192550j:plain

青戸駅前の元酒屋? 隣でコンビニを経営している模様だが、さっぱりやってる気配なし。この赤さびっぷりが素晴らしい。

駅下の京成リフレで買い物して、トットと帰るです。