ある日の街歩き#72

敢えて荻窪から丸の内線に乗り、根津まで本を返しに行く。さすがに丸の内線はソコソコ混んでいて、特に男子高校生?がウザイ。根津の街は昼時だったので、結構喧騒が戻ってきていて、赤札堂で3か月振りに買い物した。やはりもう保冷剤は必需品だな。

f:id:nogawasunam:20200604153148j:plain

谷中方面をウロウロ。三浦坂を上り例の猫カフェが絶賛営業中なのを確認して、寺町を彷徨うが、だんだんと肩が痛くなってきてツライ。ウェストポーチに少し重いものを移して肩の負担を軽減しようとしたが、ダメだこりゃ。

上野桜木を抜けて、寛永寺から上野公園へ這入る。国立国会図書館国際子ども図書館という早口言葉みたいな建物の前。うーん、ここへ来たのは出来た頃だからたぶん20年ぶりだわ。

f:id:nogawasunam:20200604153759j:plain

そして、もはや定番の旧博物館動物園駅の遺構。こうして見ると、9分割されたレリーフは妙なキッチュ感がある。

f:id:nogawasunam:20200604154136j:plain

奏楽堂や都美術館を過ぎて、国立博物館前の噴水。スターバックス様やらのオープンテラスもあるわけだが、傍らには立派なスーツケースをガラガラと転がす老女ホームレスも居て、ものすごく浮世離れしている光景。しかし、当然なのだ。ここは震災も戦災も下界に押し込めてきたのだから。

f:id:nogawasunam:20200604154428j:plain

東京文化会館の廃墟のような風景。対面には西洋美術館のロダンさんの屋外展示物が仄見える。

f:id:nogawasunam:20200604155119j:plain

 

 

明日のルメール#406

1Rが土曜に行って、今日は4Rからの騎乗。うん、昼前に買い物を済ませて、自宅応援モードに切り替えられそうだ。雨が早くやんでほしい。3400円

4R▲ 1戦のみだが、新潟で好走したBaie des Anges の力を信じてみる。相手は5頭出し!のゴルシ産駒のうち、力量最上位のEフェリーチェ対抗。我がBarbarescoは5戦目にして意外にも初騎乗。そして、2400mへの距離延長。これまでは名前負けしてたけど、ここで本領発揮できるか? Hシンフォニーも差はなさそう。

枠連 66 馬連 11-(5、13) 馬単 11→(1,7)

5R◎ 我がSレイナスはSフラッグの妹。1億円の高馬だし、牝馬同士のここで負けてはいられまい。にしても、1~3月生まればかりなのね。相手探し…と思ってたら、同じノーザンの upriver が登録してきたので、これが一番手か。

三連単 4→9→(1,3,6)

6R◎ 我がLyra Nebulaは、こと座星雲のことらしいが、母はハープスター(琴の星)の妹で未勝利だった。どちらかというと、スタミナ系の母系にカナロアをつけ、1400mで初戦。相手はかなり弱いし、これが良い方に出るといいね。

馬単 13→(7、10)

7R☆ 半数が3歳馬ということで、古馬との比較が難しい。近走の充実ぶりから4歳とで初東京とはいえ、まだキャリア4戦のPart Dieuを中心にする。相手は手広くいくしかないでしょうな。我が life lessons は、デビュー2戦目にして古馬と対戦か>ここで好走するようなら今後が楽しみだ。

枠連 22 24 25 27 馬連3-11

9R◎ 我がVanlandi は、2勝クラスで4戦して惜敗続き。2勝している東京コースだし、このメンバーなら負けられないところだ。逆転の可能性があるのはLouisiana MamaとGalocher くらいかな? shadow island って結局芝馬だったのかしらん?

馬連 1-(4,6) 馬単 1→(3,5,7)

10R☆ うーん、もうハンデ戦の意味って何?? 上下4k差ってどんだけ? ま、キャリアの少ないロンドンTから入ってみる>関東馬なのに東京コースが初というのはきになるけれど(~_~;) 1勝クラスを突破するのに時間を要したが、5歳にしてクロフネ×アリュールの血が覚醒した関西馬Sナイトが対抗。そして、7歳馬ながら40戦を超えて本格化?したon the rocks が単穴。我がHargreavesは、さすがにこのクラスで勝つのは難しいが、ソコソコの好戦は可能。

枠連 57 6

7 77 馬連 14-(1、16)

11R◎ 我がalmond eye は二走ボケだけが心配だが、前走は楽走だったし、不安はない。牡馬の58kに対し、56kで走れるのも有利。極端に馬場が悪化しなければ大丈夫だろう。相手は、お手馬の gran alegria が一番手だが、スプリンターよりに進化しているのが懸念材料。香港でG1勝ちのAマーズも初対戦で侮れない。ダノン3頭の中では、プレミアムの底力を最上位とみた。大穴なら、G1どころか重賞勝ちもないが、名前の通りに vin de garde の熟成が楽しみ。

馬単 5→(1,9、11、13)

12R▲ 我がOrcristは何故か乗り替わり。追い込み一手の馬だけに、展開次第だけど、横山父Jの方が合ってそうだなー。そのPaldiesの方を本命にした。先に行けそうな I am ピッカピカが対抗。

枠連 48 馬連 15-(4,5,9、14)

 

明日のルメール#405

ダービーはまーしゃーないわな。にしても、ワグネリアンのときと同様、福永Jの勝つときといったら、何の感興もなしだな。2020年に至ってもディープ一強なのか。まー、俺は夜まで仕事で良かったわ。土曜も東京だけど、スレイプニルとかじゃなくて、来年を占う意味でも新馬戦がメインレースであるのは云うまでもない。もちろん、土俵際の未勝利戦もだが(;・∀・)。3900円

2R◎ 我がselfie は東京コースで3戦連続2着の運送屋状態。ここは何とかして勝ちたいところ。東京コースで好レース連発の charm in race が強敵か。ヴァンセンヌの仔なのにダートが巧いLA PLUS BELLE POUR ALLER DANSERも食い込み十分。あとは初ダートのapplause powerがどこまでやれるかな?

枠連 78 馬連 12-15 馬単 15→(3,8)

3R☆ ダートに替わって本領発揮の IMPULSOが本命>何で芝に拘ってたんだろう? 鞍上強化のDクリスタルが対抗。Fille Reveuse は前走突然の好走。東京得意かもしれんし、単穴にする。我が ring a bell は初ダートだが、黒潮産駒なので得意だと思う。ただ、2戦とも出遅れなのは短距離としては致命的だし、惑星の域を出ない。穴なら初戦向きのアラマーチャンだろう。

単勝 ⑦ 枠連 48 馬連 7-(2,5) 馬単 7→12

4R◎ 我が iluminarはマイルに戻ったのは良いが、そもそも勝ちきれなかったのはポテンシャル的にどうなのかな? この面子で勝てないようなら絶望かもね。晴雨兼用のトキメキが対抗。Ortaire は鞍上ゆかりの豪州産馬で、半年遅れの上昇度と2k減だけが魅力の単穴。

馬連 7-(15、17) 馬単 7→(4、11、16)

5R▲ ほぼ4頭立て。名牝の息子 buena venturaが人気だが、同じモーリス産駒でも、ここは時宜的にマスクオフを母にもつto faceに風が吹いているかな。我がShovelheadってスコップ頭ってことかよ>ハーレーダビッドソンの大昔のエンジンらすぃ。何だかダート馬のイメージだけど、芝のマイルでデビューは半信半疑。

馬単 1→(3,7、10)

6R〇 東京Dのマイルなら2戦とも少差のその名もsoundtrackとは、オールドファンには懐かしすぎる。オルフェ産駒だけど、本命に推す。我がSelene Glanzは母父がディープで父がMウォリアーという、芝ダートどっちつかずの血統。土曜にシフトしたけど、うーみゅ、多少相手は楽そうだが、どんなものか?

馬単 16→(2,9、11)

8R〇 有力馬のうち、最も斤量に恵まれたColombe d'Orから入りたい。我がKバルカンは13戦して5着以下がないが、勝ち味に遅い。ここも何かに負けそうな感じムンムンだわ。そして、単穴候補は多彩。血統と違って芝向きなSアキレス、7歳馬と若手Jの組み合わせCクーラー、休養十分のDラスター辺りに注目。

枠連 33 38 馬単 3→(2,5,7)

9R▲ 結構、当てにならない面子だし、persona design から入ってみるか。相手もBVittorioで仕方なし。我がRアルマーダは長期休み明けの去勢明け、人気薄で新潟を勝ってきての昇級戦。ここは3歳馬も出走してきて実力を試される一戦で、あくまで穴馬の扱い。

馬連 9-(1,2,7、11、12)

11R▲ 我がAiles du Courageは当該コース騎乗して3戦3勝。だが、今回は3k増の57kが課題だな。ここは斤量据え置きのMフェンサーの軸は不動だろう。目下3連勝中のLブレスは面白い血統で応援したい。

枠連 77 馬連 8-(2,6) 馬単 8→(1,5)

12R◎ ここは2勝クラスだが、昇級戦の馬たちを上位にとりたい。我がtwinkle leaf は前走に続いての騎乗。馬主は今をときめくノルマンディーCR。新人調教師の吉岡Tの初勝利を挙げた馬。最終Rだが、継続騎乗で力が入る。相手は前走勝たせたblank checkだろう。逃げがはまれば上手く逃げればIberis Leafとの親葉丼も。

枠連 55 57 馬単 10→(7、11)

 

 

平松洋子の台所 (新潮文庫)

平松洋子の台所 (新潮文庫)

 

 ほぼ同世代だが、全く未知の人。しかし、自信満々のタイトルだなあ。

野菜を花器で活ける。うみゅ💦

いちょうのまな板が良いのかあ。へええ。

利川の石釜ご飯の旨そうなこと!

「パリの壁穴」「ひとさじの重さ」は異彩を放つが、泣けました。「娘への贈りもの」も。

とはいえ、器や道具に何一つ愛着のない人間には、どうにもこうにも…。

 

 

 

〈遊ぶ〉シュルレアリスム (コロナ・ブックス)

〈遊ぶ〉シュルレアリスム (コロナ・ブックス)

  • 作者:巖谷 國士
  • 発売日: 2013/04/26
  • メディア: 単行本
 

 超現実はカワイイものなのだ。そして、ブリコラージュの手さぐり感。やはりこれだけ図版を見せられると圧巻。

マン・レイデュシャン、エルンスト、マグリット、キリコらのビッグネームに交って、日本人の岡上淑子植田正治も遜色がない。そして、アルプ、タンギーシュヴァンクマイエルベルメール、ブローネルらにも目を見張った。

・邪神ちゃんドロップキック#8

人生劇場でパチンコ→ボンディのカレーを諦め、まんてんの挽肉カレー。露西亜亭もキッチン南海も夏季休暇。あー、懐旧の念(~_~;)

まいにちロシア語(入門編)

ふえー、ロシア人はウオッカと同じように日本酒を小盃で一気呑みするんか。しかも、熱燗で!! 

カードファイト!! ヴァンガード外伝 イフ-if- #1

ヴァンガードにしては上出来だろ。イケメンさんはヘタレだし、2人の幼女さんは可愛いし。一応様子見。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…#9

アンの幸福な場所はカタリナさまのお傍にいることですわ。ええ、そうでしょうとも(;´∀`)

 

 

 

 ふーん、旧国鉄の駅には山が少ないのか。丘のつく駅は関西には少ないのか。

筆者は言葉を濁しているが、要するに駅名にも天皇制の重圧があるということだ。

山手線仮想駅名は試みとして面白い。