競馬妄想辞典 言いたいのはそこじゃない

競馬妄想辞典 言いたいのはそこじゃない

 

 筆者はほぼ同年代だが、初めて聞く名前だ。

文章は正直波長に合わない。競馬ブックなんてもう30年近く読んだことはないけど、受け入れられているのかしら?

明日のルメール#272

どうやら土日とも雨の心配はなさそう。そして、府中に藤田J参戦ですか? 3500円

1R〇 我がTアミはダート4戦すべて馬券内だが、計算通りに勝利といくのかなあ? オルフェ産駒にしては堅実だがな。敢えてここは初ダートの魅惑の跳躍から入る。Hヒューズ産駒の2頭が穴で、特にYハピネスに注意。

三連複 (9-11)-(7、10、13)

3R△ 離されたとはいえ、前走の時計が優秀で、兄たちも活躍馬の略奪者が本命。堅実な杏酒が対抗。単穴には、Rの合意、S雷神、ギルマの3頭。我が輝かしき日々は新馬戦が負け過ぎじゃね? ここで乗り替りでも、大きな期待は?

馬単 10→(3,6,7,8)

5R◎ 我が傷顔は兄たちが新馬を勝ってるし、初戦向きのタイプ。相手は結構強そうだが、期待の本命。ハービン産駒で兄たちも初戦から走った神託が対抗。心の裡、Kジュピター、Sバレットも能力高そう。

馬単 2→(1,5,6,7)

7R☆ 本番の模擬レース。ここは人気でも血統馬のTフロンティアから入る。堅実な星舞台が相手。逃げるHフエロ、追い込むNマーズが三番手だが、去勢したGハットにも父の名を想い出させてもらいたい。我がО素敵は半年ぶり。変わり身はあるのだろうか?

三連複 (7-11)-(1,2,3、14)

8R☆ 上のクラスでも好走している白兄が久々でも軸。堅実順調な天職が相手。SプライムとNヘラクレスが次位。我が世界の天も半年ぶり。上のクラスで伸び悩んだが、果たして走る気が戻っているか?

枠連 88 馬連 12-(3,4,6)

9R◎ 我がユナカイトは姉よりも早熟タイプと思われ、稼げるときに稼いでおきたい。遠征をこなせれば楽しみだ。鞍上も相性抜群のレースだしね。相手はОPで好走しているDダイバー、ジョニーの子守歌、薔薇の兵隊が強敵。唯一のディープ産駒レースの庭も食い込めそう。

馬単 2→(3,6,9、10)

10R△ 上のクラスでも好走していたデールの継承が中心。堅実なベールを脱ぐが相手。R美薔薇、赤い月、T勝利が三番手。我が跳ぶレディはこのクラスでの実績に欠け、既に5歳なので押さえまで。

馬連 6-(1,5,7)

11R〇 過去に3歳馬でこのレースを勝ったのはSボーイ、Tシャトル、Aデジタルという歴史的名馬だけ。Pナイトが、これらと並ぶ名馬としたら連覇は十分ありえる。我がMアスコットは勝っても負けても接戦のレースが多く、圧勝するタイプではないが、とにかく安定感はある。ただ、鞍上がここ1年京都マイルで僅か1勝ってのが少しひっかかる。先に行ける隕石、路地の叫び、泉遺跡は競り合わなければ、それぞれ地力があるだけに怖い。ステルヴィオは最内枠を味方に付けられれば爆走してもおかしくはない。

枠連 11 三連複 (2-8)-(1,3,7、15)

12R△ ここは前走度外視でGプルメリアから入る。相手はこのクラスに実績のあるSレイチェルとAスウィングだが、昇級戦の立山とD賢者も差はないとみる。我がZ調査士は近走を見る限り厳しいのでは?

枠連 47 馬連 12-(5,8、11)

明日のルメール#271

うん、まぁ萩原師だし、先週はあんなもんだろ。風立ちぬもそろそろエピカリス化しそうだな。川田Jからの乗り替りは美味しかったけど、他は結構不発だった。

今週は土曜は東京、日曜は京都に有力ジョッキー集結。WASJみたいになってんな。岩田とか池添とかはツライ立ち位置。しかし、逆に言えば、漢字の名前で、さほど人気にもならないB級のジョッキーがもし食い込めば、大穴の予感も。

今日は大した馬もいないし、アル―シャで勝ってくれれば、満足なり。3300円

2R☆ 当該コースで2戦好走のロダルキラーが中心。相手は前走ダート替りで一変のスカテナートが相手。CハヤテとWゴライアスが三番手。我がマノア滝は芝でイマイチ斬れずだが、兄はダート巧者だし、初ダートで少し期待。

馬連 13-(2,6,9、12、15)

3R☆ 成績安定のCベイと良血のSジェネシスの一騎打ちとみる。カズマークセンが割って入れるか? 我が体面は人気薄で好走し、人気になって凡走。血統もナマクラっぽいし、発馬が良ければ逃げてみたら?

三連複 (6-8)-(5,7、10、15)

4R… 兄姉も初戦から走ったRフィット本命。このコース走るHヒューズ産駒のアカンダナP対抗。我が指鳴らしは、うーーん色々とキツイなあ。除外になってほしいと心の底から思ってたのだが…。

枠連 18 48 馬連 12-15

5R☆ キンカメ産駒で近親のAカップも早熟タイプだったОドーヴィルを軸にする。ハーツ産駒のHクリスティ、カナロア産駒のRエステーラが強敵。我が甘い香りは労働力産駒なので過大な期待はできないが。姉がハービン産駒なのに早熟だったことを考えれば少しは期待できるかな?

枠連 66 馬連 9-(1,3,8、14)

6R▲ ОPでソコソコの競馬をしてきた紺碧が鞍上強化で中心。前走ОPで2着のHカトリーヌが相手だが、Sヒーロー産駒の二頭が食い込むか? 我が映画祭は父とは違い短距離系なのか? 小柄だけど、ここは注目の一頭だ。

馬連 4-(2,6、10)

9R☆ ここはクラスの安定勢力Kキングの軸は外せない。前走の昇級戦で差のない競馬をしたRゼノンが相手筆頭。ムーアJに乗り替わった勇気の翼も怖いが、穴なら前走の勝ちっぷりが良かった情熱が面白い。我がゴリアテは5戦全て馬券内で、前走圧勝の昇級戦。生産牧場は新進気鋭なのかな? 一頓挫あったのが不安だが、高木厩舎としてもSトゥルーの次の看板馬が欲しいところだろう。人気のSヴィクトリーは信用できないなあ。

馬連 8-(1,4,6、12)

10R◎ 何と過半数がディープ産駒! 我がアル―シャは先行力+粘りがあるのが強みだが、それ以上に美しくて可愛くて、早い話が惚れちゃったんだよねえ。ここは唯一の3歳馬で、正直苦戦するかもしれんけど、もうどうしようもない(;´∀`) 弟も先週初勝利をあげたし、流れに乗りたいね。このクラスの常連、銀色、鋭敏、Bビーチが当面の敵だが、どの馬にもチャンスがありそう。

馬単 2→(1,3,4,5)

11R☆ 実績馬と素質馬との争いという構図。前者がさほど人気になっていないので、札幌2歳組から入ってみる。中でもハービン産駒はこのコースの相性が良いので、Nデイジー本命。不気味なDバラード産駒のナイママが対抗。2戦無敗のカテドラルが単穴。外国人Jが乗る馬は人気になりそうで、ここは様子見。我が素早いはJウェイ✖モンズンという1800mでも短そうな血統なんだが、逆にここで好勝負するようなら先々が楽しみ。ただし、小倉デビュー馬が当レースで馬券内ナシというのは気になる。折角の金子✖内山田でも押さえまで。

単勝 ② ⑪ 枠連 18 馬連 2-(3、11)

 

 

新藤凉子詩集 (現代詩文庫)

新藤凉子詩集 (現代詩文庫)

 

息苦しいほどエロスとタナトスに溢れた作品群。そして、垣間見える少し自虐のユーモアがとても良い風通し。全く知らない詩人だったけど、もっと知られてもよい。

私の母親と同世代だが、そこは満洲育ちであるなあ。「渚」という詩が気に入った。

三島とか壇とかと面識あったらしいけど、そっちは興味が無い。長谷川龍生や粟津則雄が解説を書いている。

 

 

新装版 日本の黒い霧 (上) (文春文庫)

新装版 日本の黒い霧 (上) (文春文庫)

 

事件の 背後には米軍が存在する。GSとG2の対立は大戦直後の特徴である。それは巧妙に隠されているが、今も変わらない。

異世界居酒屋 ~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~#5

幼女さんにイカフライ食わして、中隊長をイカせようとするシノブ。策士だが、イカに呪われているという中隊長のトラウマにはかなわず。ってか、ひいじいさんの呪いだったのかよ。

ゾンビランドサガ#5

あぁ、なんか超棒読みの声優がいるなあと思ったら、ドライブイン鳥の社長かぃな。思いっきりタイアップやなあ。佐賀では焼肉といえば焼き鳥なのか? 関東では焼き鳥といえば焼き豚だったりするが。ローカルアイドルに鳥コスプレさせて宣伝って(~_~;)

やがて君になる#5

「心臓の音聴いてみる?」と胸に顔をうずめるのを期待したのに脈を測るだけかよ(;´Д`) 七海の独占欲にすべて応えてあげるのは少しコワいよね。

ウルトラマンR/B#18

あぁ、巨大サキ社長(;・∀・) 数字を取ろうとして人身御供にされるザラブ星人カワイソス。メフィラスの加藤精三の声はもう聞けないのだな(~_~;)

 

 

 

松本清張 「隠蔽と暴露」の作家 (集英社新書)

松本清張 「隠蔽と暴露」の作家 (集英社新書)

 

 終章の、なぜ清張は原発を描かなかったのか? は作者によるミステリー。