ある日の街歩き

うーみゅ、尾久駅で初めて降りた。本当に地方都市、もとい地方の町の駅ではないかな。ここに特快やら快速が停まるのは、たぶん車両基地があるからなんだろうけど、乗降客は数えるほど。階段を降りて半地下道を歩くと、何だか国府津駅を想い出した。昭和町図書館へ行ったのだけれど、明治通り沿いですら閑散としてるのに、あとは町工場とか旧い商店街とか。ひょっとして、数年後、全面的にマンション群とかができてもおかしくはない。

 都電梶原方面へ向かう道。まだ商店が残ってはいるが、看板が反対になってるように、老衰を迎えつつあるようだ。

f:id:nogawasunam:20181012201445j:plain

上中里方面にも、古い商店街が残っているが、開いている店は半分に満たない。御多分に漏れず、擦れ違うのは圧倒的にアジア系外国人が多い。東北線の踏切。結構ボコボコしているので、つまずきそうで不安になる。そんなわけで、上に歩道橋がつくられている。上中里駅もまた、階段かエレヴェーターで上空へ昇るパターン。この辺に住む人間はたいへんだ。

 

f:id:nogawasunam:20181012201431j:plain