ある日の街歩き

昨晩からの雨が朝まで残り、8時過ぎにやんだのを見て、出かける。こんな時間でも電車は混んでるなあ。新宿→池袋はやはり埼京線が最速である。一駅大塚まで行って降りる。南北自由通路ができていて、随分と綺麗になったものだなー。しかし、駅を降りて都電を渡ると混沌の大塚である。坂を昇って降りて、やたらとクルマが多く、信号も多い。ふむ、巣鴨図書館は見違えるほど美しくなっていた。豊島区意外とカネあるんか? 最近しぶり腹なので、トイレを借り、本を返す。ここから山手線を下からくぐると、随分と古いアパートや戸建てなどが立ち並び、路地が四方に通じている。ディープオオツカである。

f:id:nogawasunam:20180712095743j:plain

f:id:nogawasunam:20180712095757j:plain

都道436と春日通りだけが広い道で、これに辿り着けば外の世界に行ける。大塚公園緑の図書館に久々に行く。相変わらずの佇まい。ベンチは乾いていたので少し読書。新大塚駅まで歩くが、この辺もすぐ横が坂になっていて下から人々が這い上がってくるのだ。

御茶ノ水まで丸の内線。10時過ぎなのに6両編成だからか混んでいる。神保町まで坂を下り、散歩。なくなった店も多いが、コンビニはやたらに増えた。かつてはチェーン店など皆無で、よろづやの延長みたいなのだけだったのに。水道橋まで裏町をフラフラ、界隈は日大・明大・大原などに買われている>大学って今や不動産屋なのだな。