・ある日の街歩き

勝手知ったるあやめ通りを歩き、新装なった日暮里図書館へ。うむ。少し明るくなったかな。しかし、日暮里は大きな荷物を転がした外国人が多い。特にアジア系。米屋とか畳屋とか文具屋とかがまだ頑張ってはいる。

そして、20年ぶりくらいで東十条。昔は確か、十条から歩いたのだった。東十条銀座は御覧のように雑然とした商店街で、もはや地方都市といった趣。チェーン店も多いが昔ながらの店も多い。環七を横切って、神谷図書館へ。陸の孤島だが、隣にはかなりのデカさで何故か鹿島出版会倉庫。神谷銀座なる商店街は一層荒廃が進んでいる。豆腐屋、漬物屋、廃業した焼肉屋、そして人が多いのは接骨院のみである。

f:id:nogawasunam:20180502105407j:plain