叫び声 (講談社文芸文庫) 作者: 大江健三郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1990/03/05 メディア: 文庫 クリック: 7回 この商品を含むブログ (17件) を見る 大江を読むには少し遅れてきた人間だったので、殆ど読んでいない。「セブンティーン」は寅書房で…

ある日の街歩き 台風一過の荒天の中、新代田駅前から東急バスに乗り、環七を大森操車場まで。このバスに乗るのも10数年ぶりかな。世田谷・目黒・太田・品川と起伏の激しい道を1時間余り。結構客は多いが、先頭席に座ったのでストレスなし。途中台風の余韻の…

触発する歴史学 作者: 赤澤史朗,北河賢三,黒川みどり,戸邉秀明 出版社/メーカー: 日本経済評論社 発売日: 2017/08/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 狩野政直について、全く知らずに読んだのだ。 臣民の訳語って subject だったのか。 最後の…

明日のルメール#254 うん、メインレース次第で、今年後半の競馬がホントに楽しみになる。しかし、4R~8Rまで長い昼休みだなあ。2600円 1R〇 出走12頭中、初ダートが10頭。ここはHヒューズ産駒のKルージュに期待する。北村Jも当該コース成績抜群だ…

明日のルメール#253 日曜は随分と仰山乗るのね。2勝はしてほしいが。3400円 1R▲ かなり低レヴェルなメンバー。そして、大半が前走芝を使った馬たち。ダートで大きな変わり身がありそうな馬がいるかどうか? まずはHヒューズ産駒の頑健から入ってみる。…

明日のルメール#252 先週はほぼ理想通りの競馬ができたと思うが、イマイチ信頼できなくて申し訳ない。久々の関西圏での競馬で、今週は調教師とのレアな組み合わせに注目か。2700円 2R▲ 前走小倉という馬が大半を占める。その中でタイムが一番のTアイガテ…

今日のポタリング ふー、何故か二日酔いで昼迄ゴロゴロ。昼過ぎから東八道路方面へ。緑化センターでジャガイモ・ゴーヤを買って、道端の直販売でナスを買う。スーパーでは高騰しているが、すべて100円・しかも内税。素晴らしい。写真は何気にサラダゴムと読…

・ちおちゃんの通学路#7 浣腸対決に燃える回? あーひでぇや。二度も掘られた真奈菜の貞操は一体?? こりゃ、ちはるはまどかに心酔ですかね。 ・Back Street Girls#8 「身も心も女の子」なのに、美人肛門科医にコーフンするんか(^▽^;) ってか、身は未だ…

夏の終わりですよ。はけの道から野川。草ぼうぼう。都道247の自転車専用道から小金井方面へ。坂道を駆け下り、駆けのぼり、夏の余韻を感じてきましたよ。帰りにM酒店で買った三重錦うすにごり>夏にふさわしい小股の切れ上がった伊賀のクノイチみたいな味……

医師・薬剤師のための 漢方のエッセンス 作者: 幸井俊高 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2015/04/14 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る メリハリに欠ける。たとえばツムラとかのノンブルと合わせて欲しい気もする。

新装版 蚤と爆弾 (文春文庫) 作者: 吉村昭 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/04/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る 731部隊にモデルをとった小説 とはいえ、小説っぽくない。シラミとネズミの大量飼育と細菌兵器の開発、容赦なく…

・ある日の帰省 盆なので墓参り。うん、坊主に偶には寺の行事に出てはどうかと言われるが、むろん受け流す。何をすき好んでそんなもんに出にゃならんのけ? 実家の東側の家々が更地になり、庭の雑草を抜き、風呂に入って帰ろうとすると、雨が降ってきた。都…

明日のルメール#251 土曜はおみそれしやした。やはり、芝のマイル~2000mは大得意だな。2900円 2R◎ 我が南部の夜は勝利が当然視されているが、メジャー産駒で1ハロン伸ばすのはどうなんだろ? まーでも、ここは相手に恵まれた。圧勝しなければダメでし…

明日のルメール#250 札幌最終週は食い足りない成績に終わった。今週は土日とも中山か>関西所属とは思えんな。おそらくは先行有利の流れになりそうで、どういう位置取りをするかがカギ。何だかんだで、今日は本命ゼロ。予想を裏切ってもらいたいが。3000円 …

ある日の街歩き 昼前に家を出て、月島へ。家の方はチラホラ雨が降っていたんだが、中央区は真夏の太陽。勝手知ったる月島図書館へ行く途中の地下道は、何やらウォーキングをしている高齢者が多い>さすがに外はキツイものな。地上ではすっかり祭りの準備。路…

日本の路地を旅する (文春文庫) 作者: 上原善広 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2012/06/08 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 40回 この商品を含むブログ (27件) を見る 筆者の出自である更池の話はなかなかに濃い。まるで短編小説のようだ。 日本各…

うん、百日紅の花って派手なのね。もう、向日葵が生気を喪っているというのに、絶賛夏祭り中なり。5か月ぶりに小金井公園行った。

教養講座 琉球沖縄史 作者: 新城俊昭,編集工房東洋企画 出版社/メーカー: 編集工房 東洋企画 発売日: 2014/06/23 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る まるで高校の教科書然としたつくり。 湊川人は石灰岩のために、残った現在最古の旧石器時代人。…

天皇の短歌は何を語るのか: 現代短歌と天皇制 作者: 内野光子 出版社/メーカー: 御茶の水書房 発売日: 2013/08/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 塚本邦雄の見苦しさ 岡井隆のいー気なもんさ 何て、歌壇の胡散臭さを指弾するのはいい。 が、…

明日のルメール#249 日曜は質量とも、札幌の最後を飾るにふさわしい。4700円 2R◎ 我が甘シャンパンは今回は恐らく番手からだろうな。3戦目でチャンス十分だろう。時計的にMハリケーンが対抗。ヒモも絞れて、ファンシャンとヴェル、金天までか。 馬単 3…

明日のルメール#248 モレイラ颱風の瞬間風速は凄まじかった。小回りの短距離は出自からして得意だと思ってたが、大箱のクラシックディスタンスでどこまでやるかは未だ未知数。秋に不確定要素が増えて楽しみになった。ま、WASJは地の利・馬の利(マイネ…

ボロ家の春秋 (講談社文芸文庫) 作者: 梅崎春生 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2000/01/07 メディア: 文庫 クリック: 16回 この商品を含むブログ (22件) を見る 蜆→ 割れた省線電車の窓、カストリ焼酎、外套は何の表徴か? 星菫派、喫茶店のココア、日暮…

今日のポタリング 久しぶりに中川遊歩道を通って烏山方面へ。ヒマワリが満開だわ。そして、半年ぶりに昔住んでたビルを訪ねると、御覧のように絶賛取り壊し中。合掌。反対側に広がっていた都営団地もすっかり美しくなって、医療モールとかカフェができている…

・ある日の街歩き ようやく学生様が夏休みに入った模様で、少しは駐輪事情がよろしくなった。で、昼前に、井の頭線でお出かけ。今日は、東横線との乗換えが少し楽だったかも。とはいえ、中目黒駅は最早昔日の面影を殆どとどめないオサレタウンに変貌し、山手…

大日本帝国植民地下の琉球沖縄と台湾 作者: 又吉盛清 出版社/メーカー: 同時代社 発売日: 2018/01/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る ・伊藤博文揮毫の石碑が残ったのは、台湾人が恨みを晴らすため、土足で踏みつけるため。 ・沖縄・台…

中世の食卓から (ちくま文庫) 作者: 石井美樹子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2013/09/06 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る もしも、12世紀のように、パリが豚を排泄物や生ごみを清掃者として「雇って」いたら随分と変わっていたろうな…

明日のルメール#247 土曜は芝稍、D不良でスタート。あまり良くなりそうもないな。3100円 2R▲ ダートに替わって好走の2頭。Sレモネードと御転婆Rが中心。我が花びらは二度乗ったけど、やはり先に行った方が良いようだ。展開次第だが、チャンスは十分。…

明日のルメール#246 先週のマカヒキには声が出ましたよ。うーん、残念。終わってみれば2勝止まりで不本意でした。今週は乱戦モード。でも、WASJはくじ運悪し。存在感を示してほしい。3200円 4R☆ 後が無い未勝利馬の仁義なき戦い。前回当該コースで大…

インフルエンザと闘うな!―ワクチン・タミフルより「ぬれマスク」 (健康双書) 作者: 臼田篤伸 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会 発売日: 2012/03/01 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 20回 この商品を含むブログ (1件) を見る タミフルより濡れマスク…

ヘイト・クライムと植民地主義 (反差別と自己決定権のために) 作者: 木村朗,前田朗,中野敏男,香山リカ,安田浩一,野平晋作,乗松聡子,金東鶴,辛淑玉,朴金優綺,結城幸司,清水裕二,石原真衣,島袋純,?良沙哉,新垣毅,宮城隆尋,松島泰勝 出版社/メーカー: 三一書房 …