・同居人はひざ、時々、頭のうえ。#1 ミステリ作家は人嫌い。鮪を墓前に捧ぐ。猫が飛出て共同生活。想像力の助けになるんだと。猫のハルは可愛いな。視聴継続。 ・ガーリー・エアフォース#1 あー、戦闘機の撃墜ショーは目がクラクラするなあ。幼馴染みの…

明日のルメール#287 中山も相変わらず下級条件は多頭数登録除外地獄やな。今日は三特別+最終Rを四連覇してほしいのです。ついでに騎乗機会8連勝してもいいんだよ。3200円 2R▲ 我がゼルターは芝1200→芝1800→D1800というステップ。何だコレ? ゴドルフ…

明日のルメール#286 決定稿は思ったより強かったなあ。少なくとも皐月は楽しみになったとみる。戸田厩舎だけど、福永J等の日本人ではなく、短期外国人に依頼してほしい>そしたらサートゥル以上の評価をする。土曜は今年初京都。何故か外国人は一人だけ?…

・バーチャルさんはみている#1 はいはい、ゆーちゅーばーアニメね。このテンションで30分はキツイのぉ。ま、だらだらと一応様子見。 ・盾の勇者の成り上がり#1 うわ、こりゃもう何を楽しみに見ればいいのかわからない。野郎どもが勇者とやらになる話なの…

・雨色ココア sideG#1 何だかよくわからんが、実質2分アニメだし、一応様子見。 ・3D彼女 リアルガール#13 うーん、話が詰まらん。リア充になり人間として成長するお話とか見たくもないわ。もちろん視聴終了。 ・ケムリクサ#1 何だコレは? ロリのメイ…

・ある日の街歩き 寒風吹きすさぶ中、朝から人形町へ。界隈は西日本の食い物屋が意外と多い。 秋葉原へ久しぶりに行く。かつては週一くらいで来ていたところだが、旧神田市場周辺の整備が終わって、ほとんど浦島状態。でも、縦横に道が延びて、風通しは良く…

・ぱすてるメモリーズ#1 斜陽の秋葉原遺跡。オタク文化衰退後、なんとカフェの伝言ノートが流行ってんのか。カフェ従業員の趣味と実益を兼ねてかしら>しかし、客が来ないんだが。一応様子見。 ・サークレット・プリンセス#1 突然、バウトに巻き込まれた…

明日のルメール#285 初日は未勝利。2日目は3勝。まだリズムに乗り切れてないなあ。そして、この時期は仕上げが難しいよねー。リアル馬券に手を出すのは控えたい。3700円 2R◎ 我がアラゴネーゼは前走2着とはいえ、勝ち馬には離されたし、相手次第だと思…

明日のルメール#284 京都のG2を捨てて関東へ。恐らくは9Rのシハーブのためだろうと憶測されていたのだが、まさかの除外で月曜京都へ。あーあ、なんということでしょう!! 4100円 2R◎ 我が旗頭はエスポ産駒だけに先行してナンボの馬。降雨とかで時計が…

明日のルメール#283 おぉ、やっと新年か。3日間とも中山のようですな。一方、ユタカJは京都専念か。登録馬が多すぎて除外が心配。 この時期だし、上位厩舎はまだお休みモード。確勝級は10Rだけか。 っと、思ってたら、まさかのサートゥルナーリアへの騎…

[増補改訂版]軍艦島に耳を澄ませば -端島に強制連行された朝鮮人・中国人の記憶 作者: 長崎在日朝鮮人の人権を守る会 出版社/メーカー: 社会評論社 発売日: 2016/08/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 端島の高層ビルの最下階…

・上野さんは不器用#1 そりゃまあ、中3女子のおしっこは呑みたい。スカートの下は潜りたい。上野の過剰な愛がツライぜ。鈍感な田中と冷静な山下の科学部は今にとんでもないものを発明しそうだわ。芹澤優頑張ってるなあ。視聴継続。 ・パパだって、したい…

平成の天皇制とは何か――制度と個人のはざまで 作者: 吉田裕,瀬畑源,河西秀哉 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2017/07/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (4件) を見る 執筆者はほとんどが70~80年代生まれの若手なのだな。そん…

・ブギーポップは笑わない#1・2 うーん、これもキャラデザが好みでない。全人類に危機なんだとか、あーめんどくっせい。こりゃあ付き合いきれんわ。視聴終了。 ・W'z [wið]#1 うーん。歌って踊るアニメじゃないよね? ハンドシェイクって何? 視聴終了…

シミ可愛いよシミ(エイゴ風にサイミと読むのかもしらんけど)(/・ω・)/ 特徴のある声と顔(硬質なのに潤いがある!)で、とてもキャッチーな曲ですな。ナイジェリアのどっか地方の空の広い町のロケーションも至極良ろしいです。 「こねこのチー」のОPだけ…

・YAWARA!HDリマスター版#1 今見るとセクハラパワハラアニメだなあー。とても見るに堪えない。そーか、差し歯の時代。まだインプラントなんてなかったんだ。 ・BanG Dream! 2nd Season#1 話はクソだし、どーでもいーけど、何よりキャラデザが気持ち悪い…

クリストフ・ルメール 挑戦 リーディングジョッキーの知られざる素顔 作者: 平松さとし 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/06/14 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る へえー、デビューはバスクなのか。 ディヴァインプロモーション、プライ…

おいおい、全然腰が動いてねぇぞ、ウェンバのオッサン! と冷やかしてたら、ああっ、ホントにコレが最後のステージだったのね。ま、それはともかく、リンガラってビートの烈しいメレンゲみたいに聞こえる。 ♫夢は夜開く♫のアンサーソングですな。下町だけか…

現代社会はどこに向かうか――高原の見晴らしを切り開くこと (岩波新書) 作者: 見田宗介 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/06/21 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る 高原の見晴らしなのだそーで、相変わらずの上から目線。 若者の男女…

青べか物語 (新潮文庫) 作者: 山本周五郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1963/08/12 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (33件) を見る 浦安の話が見え見えなのに、なぜか地名は架空なのね。 沖の漉き小屋の中での奔放な男女…

「女子」という呪い 作者: 雨宮処凛 出版社/メーカー: 集英社クリエイティブ 発売日: 2018/04/05 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 女と男を入れ替えてみるという方法論はよい。もう男性機能を喪失してるような私もよく用いる。…

久々にぼぅーっと聞いてみたんだけど、コレって映画音楽とかミュージカルだよなあ。メリハリの付け方とかキャッチーなフレーズの繰り返しとか、オペラの時代が終わって、切り替えの速い20世紀音楽の嚆矢なような気がするわ。ま、勿論、今も変わらぬオリエン…

懐かしい単調なメロディとギターの音色からしてヴェテランかと思ったら、まだ40歳そこそこかよ。テツアンドサケって芸名なんですな。 なんだこれ、いいじゃん。♪ねっこおいかけてねっこおいかけるねこーすとぉーかぁ♪のフレーズが耳に残る。アニメーションも…

もはやファムファタルとか妖女とか魔女という、この世に在らざる者感が溢れていたダリダ。でも、芸の極北に達するためには、百度も倒れようと武器は放しませんでした。自らも神もあなた方も心底疑った。って詞、そしてそれを具現化する歌唱は凄まじい。 こち…

明日のルメール#282 有馬は3コーナーでのもたつきが全て。多少重めだったのか、馬場が少し合わなかったか、本来ならワンピースの位置にいたかったところだものな。 まー、最終日に目標があるのはイイことだ。一番チャンスのありそうだったディキディキが除…

ある日の街歩き 朝から九段下へ。北風が強くて寒い。千代田図書館からは江戸城が見渡せる。 コンシエルジュさま、そして警備員も多い。 地下鉄で築地駅で降りるが、相変わらず外国人旅行者が多い。京橋図書館へ。そして、東銀座に出て、都営線から京急へ乗り…

ある日のポタリング 神田川に降りる道を間違えて、うろうろ。牟礼団地がすっかり豪華マンションみたくなっている。三鷹台駅に向かうのに一山超えなきゃならぬ。遊歩道をたどって久我山の手前で神田川に合流した。もうすっかり忘れちまったなあ。環八を渡り、…

野川 (河出文庫) 作者: 長野まゆみ 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2014/04/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 端正ながら美麗でもある冒頭の地理描写にまず敬意を払う。これまた、筆者は同世代なのだった。地を這うような地質時…

シニアのための口腔ケア いつでもどこでもブクブクうがい 作者: 岡田弥生,たかくあけみ 出版社/メーカー: 梨の木舎 発売日: 2018/07/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 喉ぼとけの位置って年をとると数センチも下降するのか。…

明日のルメール#281 どうやら雨は大したことなさそうで、日曜は晴れそうだ。有馬はおそらく、キセキをマークして、一昨年のダイヤモンドの感じで乗ると思われるが、キセキが案外早くバテて追い込み競馬になったり、オジュウ辺りが逃げてペースが緩み、意外…